• ACPJ 世界トップシェアのプライド社製品を日本で唯一販売する代理店
  • 保証期間内なら修理無料
  • 電動カート・電動車椅子なら何でもお任せ下さい 050-3188-5546
  • お問い合せはこちら

ブログ記事詳細

ハンドル型電動車椅子(電動カート/シニアカー)の鉄道利用要件の見直し
日時:2018年7月 4日 AM 11:47

ハンドル型電動車椅子(電動カート/シニアカー)の鉄道利用要件の見直しが昨年2017年に行われました。



1. 人的要件について

以前は、

「補装具費支給制度」又は「介護保険制度」により車椅子を給付又は貸与が条件でしたが、

今回、

人的要件は廃止 となり、どなたでもご利用が可能となりました。



2. ハンドル形電動車椅子の構造要件

以前は、

①基本寸法、②直角路走行性能、③180°の旋回に必要な回転半径、
④取って、⑤クラッチ、⑥速度6㎞/h以下かつ2㎞/h以下の設定が可能、
⑦鋭利な突出物がない などかなり厳格なものでしたが、

今回、

<通勤型車両>全てのハンドル形電動車椅子の利用を可とする。

<デッキ付き車両>①寸法(全長、全幅)、②回転性能(直角路走行性能、180°回転性能)のみとなりました。



以上です。



随分と緩やかになりましたね。

今後の外国人の訪日数の増加を見込んでのことのようです。

商品カテゴリ
  • 電動カート
  • 電動車椅子
  • クオンタム
  • 中古製品
メールでのお問合せはこちら